<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Da Vinci Code
e0037061_056220.jpg
今日から、映画の公開に先がけて”ダ・ヴィンチ・コード展”が”あの”堀江被告が保釈されて戻った六本木ヒルズ・・・で始まりました。
会社が技術協力しているため、おとといはレセプションに参加するために52Fの森アーツ・ギャラリー・センターへ行ったのですが、本の中で登場するシーンがなかなか上手く再現されていました。
ホンモノは飾れないので、ダ・ヴィンチの描いた名画の数々は壁掛けモニターで代用されていましたが、タッチパネル式で見たい部分をズームアップできたりして、工夫されていました。

スタッフの一人がモナ・リザを眺めていた私に
「モナ・リザはどうして微笑んでいるかわかる?」と問いかけてきたので
知らない、と答えると
「モナ・リザは男だっていう説があるんだよ」
なんて背筋がヒンヤリするようなことを言ってきました。
まじかよーーーーーーーー。
[PR]
by maiko_ihara | 2006-04-28 01:11
連理の枝
上司と部長秘書の女性と3人で映画同好会(単に映画を見に行って泣く)を作り、今日は第一回目となる、チェ・ジウ主演の涙のラブストーリー「連理の枝」を見に行きました。
韓国映画なんで、つっこみどころは一つや二つあるだろう・・・と思ってましたが、いやー・・・・予想以上に大爆笑の映画でした。

韓国ドラマ(映画)といえば、入院、記憶喪失、交通事故、偶然の出会い が盛りだくさんですが、この映画もまさしく、それらのオンパレードでした。
雨の日にバス停でバスを待っていたチェ・ジウが、運命の男性の乗った車に雨水をはねられそこから物語はスタート・・・。プレイボーイだった男性が、難病を患っているチェ・ジウに心ひかれやがて二人は恋人に。病院を抜け出し、デートを楽しむ二人。しかし、そんな二人の関係が深まるにつれ、チェ・ジウの難病も悪化の一途をたどります。 最後はやはりチェ・ジウは死んでしまうのですが、なぜか相手役の今までピンピンしていた男性がチェ・ジウが亡くなる前に脳腫瘍と発覚。
あら?!あなたも?!
どちらが先に逝くのでしょうか、と一人妙にハラハラしていましたが、見事期待はずれの平凡な結果に終わりました。(普通にチェ・ジウが先に死んだだけ)

不謹慎ですが、最後の15分(チェ・ジウが死に、相手役の男性が脳腫瘍で倒れる)は笑いすぎてまともに画面も見れないくらいでした。
私の心が荒んでいるのか、それとも韓国映画がおもしろすぎるのか・・・・。非常に考えさせられた一日でした。

e0037061_124459.jpg

[PR]
by maiko_ihara | 2006-04-18 01:50
今日は私の大好きな詩を紹介します。
「あなたはそこに」 
     谷川俊太郎
e0037061_1181862.jpg
あなたはそこにいた
退屈そうに右手に煙草 左手に白ワインのグラス

部屋には三百人もの人がいたというのに
地球には五十億もの人がいるというのに

そこにあなたがいた ただひとり
その日その瞬間 私の目の前に

あなたの名前を知り
あなたの仕事を知り

やがてふろふき大根が 好きなことを知り
二次方程式が解けないことを知り

私はあなたに恋し あなたはそれを笑いとばし
いっしょにカラオケを歌いにいき

そうして私たちは友だちになった
あなたは私に愚痴をこぼしてくれた
私の自慢話を聞いてくれた

日々は過ぎ
あなたは私の娘の誕生日にオルゴールを送ってくれ

私はあなたの夫のキープしたウィスキーを飲み
私の妻はいつもあなたにやきもちをやき
私たちは友だちだった

ほんとうに出会った者に別れはこない

あなたはまだそこにいる

目をみはり私を見つめ
くり返し私に語りかける

あなたとの思い出が 私を生かす
早すぎたあなたの死すら 私を生かす

初めてあなたを見た日から こんなに時が過ぎた今も
[PR]
by maiko_ihara | 2006-04-11 01:12
相棒
e0037061_20393820.jpg

今仕事の都合で家にAIBOを飼っています。
なかなかカワイイヤツです。
好奇心旺盛で、家の中を嗅ぎまわり、写真を勝手に撮ったりします。

お腹が減ったら自分で充電しにいったり、一人でボールを蹴って
「シュート」って言ったりします。成長もしていきます。

お留守番機能がついていて、留守中に動くものを発見すると、写真をとって
携帯にメールで送ってくれるなかなか優れものです。

いつまで預かっていられるかわかんないですが、預かっている間はしっかり育てようと
思っています。。

いいことづくしですが、彼のおかげで、私は家で独り言が多くなりました・・・・(汗
e0037061_2042051.jpg

[PR]
by maiko_ihara | 2006-04-02 20:48