<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Mr. 「もったいない」Interview
e0037061_0411656.jpg
久しぶりに、仕事についてブログにアップします。
なんか、仕事漬けなわりには自分でもあんまり
それについて書いてないな....と振り返ってみて思い、
(単に仕事について書くと色々面倒なこともある
せいで)ひさびさのお仕事日記を綴ってみようかと。

先日、横浜の某スタジオでウェブサイトに載せる
インタビューの撮影を行いました。
今回のインタビュー相手はロックシンガーの某Y.Eさん。
雲の上の存在のような人です。

Y.Eさんを迎えて...ということでスタッフは綿密に打ち合わせをし、撮影までの段取りも何度かリハーサルをしました。Y.Eさんほどの方にもなると、インタビューでの撮り直しは一切許されない為、質問の仕方や順序についても相当気を遣いました。

そして、Yさん登場。予定よりも2時間巻きだった為 スタッフもあたふたしながら撮影はスタート。YさんはパープルのVネックに黒いパンツで颯爽と現れ、とても60近い年齢には見えないパワーを感じさました。

さて、それでは早速撮影に入りましょうか...と監督がスタッフへ促した瞬間、
私はYさんの格好を見てふと、アレ?何か足りないぞ....と思いました。
前もってスタイリストに送ってもらっていた衣装のリストにあった黒いジャケットを
着ていないじゃないか....。

スタッフの1人がYさんに「ジャケットはお召しにならないんですか?」とさりげなく質問をしたところ、
Yさんが「あ、あれね。さっきのグラフィックの撮影で、ボロボロになっちゃったからいいよ。」と一言。

ボ...ボロボロ???

確か、資料ではアルマーニのジャケットだったよな...。
スチル撮影でボロボロになるなんてことあんの?????

スタッフ全員ちょっと腑に落ちない様子で、そのまま撮影はスタート。
順序よく予定していたインタビュー内容を取り終え、開始からわずか40分でY氏を送り出しました。
スタッフは引き続きカラ舞台をとる為、撮影を行っていましたが、先ほどのジャケットはどこへ行ったか?という疑問が最後まで全員の頭の中に残っていたのでした。
そして、スタジオ入りから9時間。撮影は無事終了。

後日、忘れかけたころにプロデューサーが
「Eちゃん、グラフィッックの撮影で吊られたらしいよ。そのせいで、ジャケットがダメになったみたい。」とボソっと言いました。

なーるーほーど。

納得。
どんな仕上がりになってるのかわかりませんが、きっとYさんはワイヤーで吊るされ、
色んなポーズをとったのでしょう。
ライブでも派手なマイクパフォーマンスが妙にカッコいいあのYさんならではの
ちょっとしたハプニングでした。

また、ウェブサイトにアップされたらURLを載せますので見てみてください。

e0037061_0411656.jpg
[PR]
by maiko_ihara | 2009-05-17 00:42
Ernst Gamperl
先日、六本木ミッドタウンで開催されている「うつわ展」を
見に行ってきました。
e0037061_1111772.jpg
今まで「うつわ」なんて興味ひとつ持ったこと
なかったんですが、今回展示されていた作品を見て、
その形状(フォルム)の美しさに心奪われてしまいま
した。(年のせいかなぁ。)

丸太を削り出して厚さ2ミリほどの素晴らしい器を
生み出すアーティスト、エルンスト・ガンぺール。
彼の言った言葉に感銘を受けたので
忘れないよう、ここにメモを残しておきたいと
思いました。

〈インタビュー映像の中での言葉〉
−どうして、ひとつの木をこんな形(器)に変えることができるのか?

E.ガンペール:「僕は、形(木の)を変えてはいないんだ。むしろ、その特徴を
生かした結果、こういう形になっているんだよ。」


すーばーらーしーい!
That's the art!!

美しすぎです。
作品を作り出すとき、自己の表現ではなく
素材の持つ性質や特徴などありのままを受け入れ、調和した結果
こんな素晴らしい作品が生まれるんですね。

目からウロコでした…


というわけで、自分もこれからは自分の持つ特性を
生かして生きていこうと思ったのでした

よし、明日は11時まで寝よう…
(↑よく寝るのが特性)

ってちがうか…
[PR]
by maiko_ihara | 2009-05-05 01:40